CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
BBS
X box' tag
LINKS
RECENT TRACKBACK
OTHERS
PROFILE

<< 10体目の巨像 | main | 色々と・・・ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
11体目の巨像
「次の相手は・・・

 湖を望む祭壇・・・

 放たれた番人・・・
 炎を絶やさぬ」


祠より北の方角へ進むと、外界より古えの地中央部へと続く長い橋が下から眺望出来る。
少女を蘇らせるためにアグロと通ってきた橋だ。
その全長は遙か彼方より始まっており、ここからでは見えない。

しかしワンダには橋に目を移す余裕すらない。
残りの巨像もあと6体となり、少女復活の条件もわずか。
走る続けるワンダの目が見据えるは少女か、はたまた・・・。





11体目の巨像の存在する地として挙げられたのは、亀裂より続く道を降り進んだ先の神殿。
神殿の両端には火が灯り、奥から覗くは小さな湖。
大きい規模ではなく、何かを祭るための場所ともとれる。




そして天井より巨像。
ワンダの目の前に飛び降りてきた巨像は小さいながらも全身を堅く覆われた猪型。
その突進は、当たればすぐには起き上がれない程の威力を持っていた。

動きは俊敏で、単純な逃避ルートでは捉えられてしまう。
ワンダは火の灯った高台に上り巨像を見下ろした。
弱点へと続く光は背中を指してはいるが光模様が見えない。

しかし考えている間にも、巨像はワンダを落とそうと必死に高台へ体をぶつける。
その度に大きな揺れが襲い、高台も長くは持たないと感じさせられた。
弱点が見えないのならば攻める手立てもなく、この俊敏さでは満足に逃げることすらままならない。





完全に高台に取り残されたワンダに突然強い揺れが襲った。
巨像が助走をつけだしたのだ。
しかしその反動で火粉がこぼれ巨像へ降り注いだ。

唸る様に後ろへ数歩下がる巨像。
これを見たワンダは足元にあった木材を拾い火をつけた。
そして火を巨像へ向けながらゆっくりと高台から降りる。




火のついた木材を恐れるように後ろへと追いやられる巨像。
その向かう先は湖の見える崖へ・・・。

ワンダは一歩ずつ進みその場所へと誘導する。
何か策があっての事ではない。
だがこうなる事が何かの良事に繋がると信じ。




そして・・・

後ろ足から崖下深くまで落下していく姿を確認し、ワンダも巨像の落ちた崖を降りる。
底には悶える巨像と、その周辺に散らばったモノ。
巨像は落下の衝撃で背中の外殻が剥げ、弱点を曝け出していた。

それを分かっているのか否か、ワンダの姿を目に映すとすぐに起き上がり崖を登ってきた。
ワンダは辺りを見回し、小高い場所を見つけそこに走る。
巨像は一直線にワンダに狙いを定め突っ込んできた。
それが最悪の結果に成ろうとも知らずに・・・。





高さの利を使い巨像の背へ・・・。
必死に暴れまわるがワンダは冷静に弱点を突き刺した。
今までの巨像と違い、数回でその身を地に倒す。





「次の相手は・・・

 湖に浮かぶ楽園・・・
 いかずちを持つ静かなるモノ・・・

 高台に渡るための
 動く架け橋」



残る巨像はあと5体・・・。


○11体目の巨像



| ワンダと巨像 | 21:22 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 21:22 | - | - | pookmark |