CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
BBS
X box' tag
LINKS
RECENT TRACKBACK
OTHERS
PROFILE

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
夢の吊橋(前編


去る11月3日に紅葉を兼ねて大分夢大吊橋に行ってきました。
全長390m、水面上173mと2つの日本一を獲得しているのだけど愛媛だか愛知だかで建設中の大吊橋が完成したら日本一じゃなくなるそうなので急遽予定を組んで日本一のうちに。
橋上からは九重連山、足元に鳴子渓谷の絶景広がる中、数多くの滝も展望出来るのは凄す!

紅葉のシーズンも相まってか8時半には既に第一駐車場が満杯になりつつあるのも無理はない・・・と思いきや駐車している車を覗くと毛布やら何やら見えたので前日から車中泊する意気込みを見せる方多数。
来客人数が多いので8時半から渡れるはずが、半前にはもう渡ってる方も沢山。







橋を渡る前に撮影に適した場所が__。
不思議な事に人少ない。実は同じ場所で撮影したりお土産屋で買い物する人もいたので写りきれないという・・・。
すぐに観光バスやらも来て大渋滞が発生してました。
対岸にも同じように駐車場、お土産屋もあるのだが人が溢れ返りカオスw






落ちないように〜><
落ちないように〜><
とかそんなん祈る場所かは不明w
お年寄りの方とか母親さんとかはしきりにそう呟きながら祈ってました。

この夢大吊橋のおかげで九重の医療が良くなったとか言ってた気がする。
子共の治療費無料だっけ?あやふやですが九重の人にとっては正に夢の吊橋となってるようです。
震度6で崩壊の恐れあるが・・・。







橋を渡る前に滝を見れる降り道を発見したので行ってみた。
随分と遠いけどほぼ同じ目線上にあるので珍しげ☆
ここでもプロっぽいカメラマンの方が三脚を凄い場所に立てて動かざること岩の如くやってました。
どんな写真になってるのか、デジカメでこそこそ撮影する身として気になるトコロ。





んで正面。威風堂々
入り口にスタッフが配置されていてカメラを渡すと撮影してくれるサービスをやってた。
カメラが無い場合は一枚1000円で撮影してくれるとか。
ここは間違いなく俺の出番だろうとスタンバッてたら恥ずかしいからやめろ!と言われましたorz





いざ!!





高いたか〜い♪






高いぞぉ〜!!






メインワイヤー太いぞぉ〜!!
*おばあちゃんの顔に突っ込み禁止w










終わり。(ぇ
大体約10分間で渡れるのだけど人少ない割に結構揺れたのでデジカメ落下の危険性を感じて控えw
構えた時にオバチャンがぶつかってくるとかもあったので怖くて無理無理><




戻るとこの人数。
写真ではよく見えないのだけどズラ〜っ!と奥までびっしり居ますww
この人数だと揺れ方も半端なさそうなのだけどいちいち2度目を渡るのも嫌なんでここは素直に退散。
大分の方は日本一の肩書きがある内に吊橋の体験をしておくべし!!
車ナンバー見ると横浜とかもあったので東京勢も気合を入れるべきではないでしょかぁ???





多分後半へ続く______。
| 月末報告 | 18:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
後半


気付けばコスモス咲き乱れる時期になったーw
家の前に広がる畑一面に開花したコスモスは自分だけじゃなく、高級そうなカメラを持った人も撮影してました。何かの雑誌に載るみたいね

結構花見るのも好きで、そういう場所は大分に結構あるみたいなのでいつか回ってみたいところ。
でも一人で見るのが粋なので孤独な旅にはなりますけどね^^;






今回の旅行記はこちらアフリカンサファリ
園内をアフリカ模様にし、マイカーorジャングルバスに搭乗して動物毎に設けられたエリアを通過して動物の生態を間近で見学しよーって感じのもの。


昼間に行くのはメジャーだけど、景色を夕焼けにして見学するのも1つ違う顔を見せるので面白い♪
まぁともかく写真の数が絞ったとはいえ半端ないので巻きで行きまっ!





いきなりカオス。左車線天然通行止め




キメてないで動いてよ><




ユス子さんのライバル的な?




映える。カッコいい☆




何ともシュール




こういう水ガァ〜!って出すやつあるよね?




俺も最近寝不足気味だわ>_<




奈良でこんな事やったら即抗議っぽ




珍しくない・・・




フサフサ感がまるでピニャーt(ry




あんま寝らんといてや大将(ノω・




夕日に映えそう




もう見分けつかないかんね!




こっち見てくだサイ(何!





王道だが・・・ひたすら左脚を上げ下げしてました。歩けよw





キリーン!こいつらを近くで見ると股抜けしたくなるw




エリア間ゲートはジュラシックパークを思わせる





その昔、とぬーさんがブイブイ言わせたとの噂アリ
こんなのに乗れるから先生なんだろなきっと





寝顔にイラッと来たのは初めてでっす☆(特に真ん中






これだけゼブラってたら肉食動物に狙われるのもしゃーないわなぁ・・・




角がまるで黒ディア




Wiiでモンハンは少々気になる(関係ないw




兵庫産おねむさん。あんまりダチョウにいいイメージはない




皆と遊ぶよりデートですか?そうですか?




そりゃ産みすぎですよハルさぁーん(何w




我が道を行く。後ろには残念ながら誰もいません




ツマラン




この鳩跳ねるのは歩くより簡単です




海にオジサンって魚いたよな確か・・・



触れ合いコーナーにて

アックンはコンタクトを試みた

目標は近いぞっ!

コチラに気付いた!

なんこの顔?ムカつくんすけど!





猿去る早し




教〜えて〜オジイサン〜♪




悶え




萌!!




こやつから えいしゃら魂ハ感じられな〜い



終わり。


計90点近くあったけどとりあえず絞ってコレですw僕疲れた


アフリカンサファリは山岳・クマ&ライオン&トラ&チーター&草食動物&レイヨウの6つのセレクションに分かれており、園内の移動手段は500円でDVDを取り付けてマイカーでゆったり進むか、1000円でライオンやトラに直接エサをあげながらのジャングルバスでの2つのみ。

↑は入園料とは別途とられる為、なんかボッタくり感ひしひし漂うアフリカンサファリなのだが大人な私気にしないw


園内を抜けると車から降りての行動となるのだが、世界の愛玩犬15種と遊べるドッグサロンや条件次第でライオンの赤ちゃんと写真撮ったり、ドッグショーを見たりと結構面白い場所多数。
ここでしか買えない様なお土産もあるので見回るのも中々時間潰せて面白かったです☆

将来可能性としてwiiでモンハンするユスコ氏に原住民の盾を買いたかったところだが大人の常識に引きとめられて断念しました。ガッカリしないでね(何w


つか、車でブーンってばっかだったので思うところほとんど無し。
料金に関しては凄いボッタk(ry

ジュース一杯400円っちなんなん?


なんなん・・・



そんだけ〆。
今回は写真見るメインって事で^^;








〜帰り道




ここで巨峰のソフトクリームが販売されていたので迷わず立ち寄りパクリ!
今まで買うことはあっても買わされるって事は決して無かった自分だけど、このソフトには負けた!!!
思わずここで販売されていたワインを購入しちゃいますたww

出来たばかりで寝かせないとダメみたいですがワインとか知らんので俺の流儀で行くのだ!間違いないのだ!!!








関係ないけど・・・




海の幸とか言われるが、海のカメムシです!
ボラくせぇ!!!!!

| 月末報告 | 16:38 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
有意義な10月ホリディ


・・・今回クソ長いですw
今月も釣り&ゴルフを通して色々な場所を発見・観光・・・方々で”良き雰囲気”を体感し有意義な休日観光と相なりました10月度。
月初めから前回チョロっと触れた姫島へ1泊を兼ねて行ってみたのだけど漂う独自の空気、島民のまったりな生き方、ゆったり流れる時間、360°の目を奪われる景観にすっかり心奪われてしまい、帰ってきてからは抜け殻のような毎日。。。


それからは暇さえあれば、地図とパソコン相手ににらめっこ。
分かりやすく大きな道路を基準に指で辿り気になる場所があればそこへの道をサーチ

次は行き先はここにしよう!!



そうなったらワクワクは止まりません♪





だけど実際に感じたままを言葉と写真だけで全てを皆様にお伝えできないのはかなり心苦しい限りorz
ただでさえ文章系苦手な自分じゃ完全に説明不足なのは分かってるのだが・・・いや大分なんて分かんないだろうしね^^;
まぁ大まかに感動したぜ!って伝わればおk(ぇ









wwさて行くかw









○姫島マップ



大分県国東半島の伊美港よりフェリーで約20分。
東西7km、北南4kmの横長の離島、人口約2500人で島には姫島7不思議を始め、奇厳絶壁の湾岸線、有数な絶景があり観光客に魅せるスポットを数多く持っている上、姫島周辺は条件にもよるが何処も魚の宝庫となっており釣り客も文句一切なし。


昔は行けない場所だった東南の海沿い道路は”姫島ブルーライン”と呼ばれ、青く澄んだ広がる海、綺麗に空と海を裂く水平線、雄大様々な雲・・・舗装された道路がそれらとマッチして車を運転する人の目を奪う名所なのだが、新しいせいか姫島HPには掲載されていないので注意。
ここは日本道百選にも選ばれている素晴らしき場所なのだがあまりに目を獲られたせいで写真を素で忘れるオトボケ発動><





*某所より拝借ゴメソw
センターラインが無いのも特徴の1つ!!・・・と言いたいが島ではそんな珍しく感じないのが凄いw




天候悪き7日の夕方に伊美港より出発。
釣り友達一人と車を1台搬送し、6kmの短海路で片道約2950円と安いのか高いのか分からない。
姫島記事を書いたブロガさんは日帰り程度なら高いので車はレンタルがお勧めとの事らしいが・・・。






バックにてフェリーに乗り入れ1番目なのにある意味で1番に出られそうとかいう車の渡客者少なくてワロタww
時間帯や季節にも寄るのだろうけど・・・おそらく原因は1日違いの6日にあったお祭りなのかなと。帰る人は多かったみたいだし

神木船を島民で担ぎ島を回る大胆なお祭りだったみたいだけどタイミング合わなくて残念orz
8日の朝にケーブルテレビにて拝見はバッチリさせてもらいました☆
あと窓ガラスから神木船も・・・w





姫島フェリー乗り場を正面から。
右手看板に書いてある”空き缶のない街つくり”は島民には元より来島者にも徹底的に。
島内にある自動販売機は基本より10円高・・・これは空き缶をどっかに持って行くと1缶10円のキャッシュバックがあるので捨てないように、との配慮なのだろうけど。
小銭が120円しか無かった友達は凄く怒ってたwww


このシステムを”デポジット”と言うのだけど、そんな事しなくてもこの姫島にポイ捨てする人はいないと思うのだが・・・。
キャッシュバック場が分からない自分らはしっかり持ち帰りました☆それが当たり前なのだ。


(でも回収率90%超えてるらしい・・・orz





フェリー乗り場内2Fにて。
言葉はいらない綺麗過ぎ^^;
フェリーの待合い所なのに普通にゆったりした空間のせいでくつろげますw





その2Fより第二姫島丸発見
裏手にて待機しているあたり隠居なのかな?
こっちの方が船内を動き回れそうで好きなのに><




こっちが乗ってきたバリバリ現役姫島丸
たかだか20分の航路なのに意外に大きい〜
第二姫島丸をそのまま大きくしたような・・・受け継がれてるって感じがいいよね


ちなみに港に着けるときはドリフト入港にビックリしたwww






こちらは今回一泊素泊まりした安西旅館様
少し場所が分からなかったけど事前に調べた結果で一番良さげな場所だったのだ。
朝食のみでお一人5700円程度・・・夜通し釣りであんまり意味なかったとは言わないお約束^^;




そのロビー
こぎつねキャンディが終始気になる自分だったが、「ふ〜ん、買えば?」と友達の一言に意地を張った!!その無念を晴らすべくベルをうっさく鳴らす。




奥からサザエさんが現れた・・・。(格好がw
ゆるりとした話しにウットリしながら案内された部屋はこちら




意外にイイ雰囲気♪
窓から見える景色は一概に良いとは言えないけれど和古風な部屋は経験上落ち着ける。
少しサザエさ・・・フネs・・・オバさ・・・むw
案内してくれた女性から姫島の情報を入手し、一服入れてから外へ。
夕食は予約に入れてなかったのよねー




そこで、教えてもらった一休というお店に。
雰囲気はみすぼらしくetcetc...(自主規制)頭から絶対ここはミスったと豪語する自分だったが・・・







絶品!!!!


注文したのは
・牛丼
・お好み焼き
・車海老のフライ
・車エビの塩茹
・豚バラの串焼き(だっけ


どれもそこらへんのお店じゃ勝てないような美味しさを発揮。
大人二人が料理番組さながらウメェー!!!って叫びながら食べてましたw
オバちゃんがサービスで一本豚バラ追加しといたよ〜とか言った割にはエビ各種も何故か一本多いという姫島流に超感謝☆
お好み焼きとか本場と並んでるんじゃないか?と思えるほど・・・。




お腹一杯になったらあとはもう釣るだけ(ぇ
一休のケーブルテレビにて各港の状況が放送されていたのでポイントはあらかじめ決めれたのは嬉しい限り。
といっても夜なので明かりが灯っているのが必要条件だったので最初から2、3ヶ所に絞れていたけどw



途中大雨に幾度と無く邪魔されては車内で休憩を繰り返す地味な釣りだったけど、雨風が比較的影響なさげな場所に移動してからは一変。
さすが姫島とあってか、型のいい魚連発し眠気も吹き飛ぶ釣り模様。
マダイ、アナゴ、良型アジ、メバル、ダツ、スズキ、シロギスを釣り上げ外道以外キープ


ここ最近爆釣するわけでなく時期も過ぎているのにクーラーボックスに必ず1匹孤独投入されるシロギス。
いつもいつも自分の竿にかかり、どれも良型で仲間内にて”アークへのはぐれキス”とか呼ばれるのだが・・・。






魚社会への反発が群れとの離反という結果なのか?
のった瞬間竿先が曲がりすぎて大きさ以上の力強さに糸が巻けないという展開に萌え♪
仕掛けがゲーム仕様だったのが当然原因だけどね^^;


(正直言うと1匹じゃ物足りねぇってばよw












天候の悪さを言ったよね?
不定期に激しい雨が降ったので度々中断している内に友達が車内で寝入ってしまったので予定変更し民家立ち並ぶ中を一人散歩した時の一枚





車じゃ行けない様な場所にお寺を発見。
港明かり等で夜景が綺麗だったのだがそれだけを写真に撮ると変だったので鐘社を端にそえて。




〜そうして一日目を終了し2日目へ〜


2日目は島内一周を約束していたので朝8時に宿をチェックアウトし、一番近い姫島7不思議が在る場所へ。
北へ数分車を走らせ着いた場所は




千人堂・・・への登山道入り口ww
千人堂には登山道を数分登り歩かなければならないのだが傾斜過ぎてすぐ息切れる。
さらにこれでもか!と言わんばかりに階段にたむろっているゴキブ・・・フナムシを踏まない様にするので3倍疲れる。こいつらシャア並に早いです奔騰に(ry

登っている途中で足を止めて良き景色を一枚♪





手ブレ補正する為に少々時間がかかるのだが、その隙にシャアフナムシが右足に昇ってきてカメラ落下orz
俺はアフアムロじゃないので倒せません悔しいのぅ・・・><


まぁそりゃあララァも大佐を導けないなと・・・この数w




道中シャアを振り切り木馬撮影♪(もぅいいw








曇のち雨だったのでここを訪れる人は少なげ=珍しい気もする数枚。
晴れ写真もいいけどそればっかじゃね・・・つ、強がってないんだからぁw

しかし水深は浅くないと思うのにかなりのクリア度。
入り江とか人の手の行き届かない所ってすっごくいいわぁ〜^^




目的の千人堂。
大晦日の夜、債鬼に追われた善人を千人かくまうことができるのでこの名がある。


注意していただきたいのが・・・ここ普通に人死ねますんで^^;
お子様連れや雨によって滑りやすくなっている場合は踏み込み過ぎないように!

崩れて大きく開いた穴からアーク君崖下真っ逆さま、文字通り命を落とす



・・・子共だったら大真面目に死んでましたw
遊び半分に堂の裏手に回ろうとしないように!!


パニックになって足ブラーンでホーホー言ってた俺を友達が笑ってました。
冗談じゃないぞ!





戻ってくると浮洲がチラリ
沖合の小さな洲に漁業の神様、高倍様を祀っている。高倍様と鳥居は高潮や大しけの時でも決して海水につかることがないというのでこの名がある。


場所によってはもっと近くで見れるけど先ほどの一件でそれほど冷静じゃないとかorz
というより上陸できないならそれほど興味が無(ry



そして一気に島の東側へ



姫島ブルーライン沿いに車エビ養殖場を発見したので車を止めて。
水車が沢山動いているので水中は泥水のように濁っているのでエビは見れず:;
こんな水でもあの絶品なエビになるのだから水質を考えればもっと・・・いあいあ口は出すまいw

この道はいつかきっと晴天快調な時にまた来る!!





最東にある姫島灯台入り口より
マップにある通り、この場所は細い道で繋がれただけの場所にあるので離島の離島というイメージも・・・。




島内の桜の咲き乱れるスポットの1つでもある姫島灯台
ここで咲く桜には運が良ければ幻の○○が見れるとの事
誰もいないかと思いきやセンベエ食べながらテレビ見る灯台主がおりましたが見なかったことに・・・。

ここ姫島灯台は日本灯台百選に選ばれているのだが全部で83しかないのでどうだろう?
調べるとオモロいもの見つけたのでまたもや拝借w






この灯台を撮影した人は全員この角度からなのだがそれも致し方ない。
これ以上魅せる角度がないのだw正面が一番☆




そこからの雲海広がる景観
これより少し右手に四国らしき場所が見えたけど曇り空の為、撮影断念。






拍子水
お姫様がおはぐろをつけた後、口をゆすごうとしたが水がなく、手拍子を打って祈ったところ水が湧き出したので拍子水という。

てっきり同じようになるのかと思ったら常に湧き上がってました、残念^^;
湧き上がっている理由は島民には分からないとの事なのだがおおよそ見当はつくw

この拍子水は飲めるとの表記があったらしいので




行くのか友達www
「アーク飲んでみろ!ソーダ、ソーダ!」

ソーダ大好きな自分は迷う事無く飲んだら酸性ソーダ水だったとかorz
舌が痺れるので柄杓のあった場所の説明文見たら・・・・・・・・d・






かねつけ石
お姫様がおはぐろをつける時、石の上に猪口と筆をおいたところ、その跡ができたという。


確かに跡があったのだが絵的に全体を撮影w
この目でみたのに写真ではどれだかよく分からないのが不思議でたまらん><
説明で察するとおり、このかねつけ石と拍子水は近くにあるのだけど・・・一体どんだけジャジャ馬姫だったのだ^^;



他にも7不思議があるのだけど、都合により紹介は省略。
リンクにHP貼ってるので気になる方はそこで調べて見て下さい



○姫島ビーチ




○貯水ダム




○矢筈岳




シーズンによって今よりずっといい写真になりそうな3枚。
矢筈岳は姫島を展望出来るので行ってみたかったけど、登山客がいない今は草が生えて登るのは難しいらしい。
ここらへんはしょうがないのかも・・・


そして時間も時間になったので最後の飯はこちら姫乃家にて




最後なのに頼んだのは焼肉定食www
昨晩気になってたのだが肉が値段の割にすごくジューシーで美味かったので確かめたかったのだ・・・がテラヤバス!!!!
一体どこの肉を使ってるんだ・・・・・・柔らかいす〜^^b


ちなみに別府はかぼす、国東はブルーベリー、安心院は巨峰、姫島はチョコでした。
ソフトクリーム事情。





そして嫌々帰港し、





また釣りをする。
そんな1泊姫島探索記なのでした☆











次週の休日はゴルフ☆
まだ2時間の打ちっぱなし1回を我流で思うがままといった感じなので基礎はほぼ出来ておらずorz
しかしゴルフしか目に入ってない友達には関係ないご様子でいきなりコースへ行こうとお誘い。
1周9H500円の↑のコースだけどやはり見た目には綺麗♪

難点を言うならバンカーやグリーンなど無く、無造作に旗が立っているのでそこをカップと考えろ〜的な?コースですw


ここで高校時代の我等がソフトボール部顧問がホールアウトしたところを奇跡的に遭遇。サングラスをかけている上に部活動上のみでの関係と思ってたので卒業してからは全く接点が無かったのですぐには分からなかったけどズボンに乗った腹で分かった!!(どんだけw



顧問の指導はぶっちゃけタメにはならずw
左腕は真っ直ぐを意識して!とか初心者でも分かりやす〜

飲みたいから暇があったら電話しろ!との一言で去って言ったが誰もTEL番知らないとかいうね^^;





顧問が隠れたけど指導中の様子。
察する通り自分は放置されております(泣








原則として一人2球。
弾丸ライナーで急な山すら滑り上がるボールを見るたびに上手くなったな俺・・・とか呟きながら方向定まらないボールを追い四苦八苦。
ボールがロストするたびに前者のロストボールを代用品にするリサイクルゴルフを展開しながら特にこれといった技術向上もなくパンパンスパパン馬鹿テンポ。





野球の構えっすかww





野ky(ry







しかしこの後たった2時間の指導で飛躍的な進歩を遂げてしまった自分に対し、指導してくれた友達は驚嘆驚愕。
自分の方も飛躍的なレベルアップにより感覚が実力を捉えきれてないという不思議な感じ

指導者の大切さと適切な指導能力の凄さを改めて感じさせられたオッサンなのでした。
プロとかでもショット前に素振りするじゃないですか?あれ非常に重要だったと初めて知りましたw
素振りを怠っているとすぐにヘタレショットが連発しちゃうのだが、素振りを数回するとアラ不思議☆


当分は飛距離を出すため筋トレの毎日♪
筋力ないのでこれが当分の目標設定なのだぁ







まぁ、そろそろマイクラブを・・・・・・
























買っ ちゃ った ♪ 


ウヘ☆

スチールなのでカーボンより飛距離に悩むのだけどそんなの気にしないw




           【完】









ん?何か終わりが変じゃないかって?







そうかな?
| 月末報告 | 16:18 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
良き所、大分



というわけで9月度のリアル報告w
地元の友達集まるミクシィじゃ○○行ったよ〜って程度の報告で十分なんだなと痛感したorz
反応薄いウスい^^;

東京や大阪のように万年恒例もあれば、長野、北海道とシーズンによって恒例になる県が沢山在る中、我が地元大分はもう無理だろ!とw
この先大分が発展する事はないです多分。

ならば機会なさげな大分を少しでも見せようかなと・・・。


一応海に面しているので東京勢には新鮮な写真もあるはずだ!
以下文章は客観的かつ半主観(想像)的にお願いしゃーす☆






○長崎鼻



以前公開したこの写真は国東半島やや北西に位置する長崎鼻。
長崎鼻と言っても、大分を始め一番遠く千葉、そこから香川・長崎・熊本・鹿児島と結構点々しております。
名前から察すれば想像する方も大勢でしょうが、貿易県長崎が関係しているのか、「鼻」の名前の由来で岬が三角形状になるのを指すのかそれは自分には知りえず><

ここは干潮になると干上がった海岸を歩くことができ、↑の写真は・・・





ここ長崎鼻ビーチより伝った隠れた場所。
少しの砂浜と後ろには切り立った高い崖、ゆったりするには癒されすぎる空間となっておりました。
長崎鼻ビーチでは海水浴と釣りが一緒に出来るので水着のまま釣りをする人も少なくなく、自分も贅沢に・・・。

ただこの時期はフナムシが大量発生していたので場所によっては一歩に10秒近くかかることも。
こいつらがゴキブリにしか見えなくなった時、何かが弾けました(ぇ?





一応リゾートキャンプ地とも銘打っているのでログハウス立ち並ぶ下には海を堪能しつつ散歩が出来る遊歩道。
満潮だったら目線と同じに撮っていたのだけど、干潮なので少し高い位置からの一枚。
結構歩道は続いており、ずっと先まで歩くのは困難と判断したので色んな事に興味津々なAB型アークは遊歩道を歩かずテトラを伝い海岸へ。暴れてますw








その先で2枚激写。ここまで来るのにゴツゴツした岩場、大量のフナムシ、滑る苔を攻略するのが大変だったorz
しかし思い立ったAB型は止まりませんあしからずw

ここで釣り(遠投)をするのも良さげな感じ♪
足元にはいくつか仕掛けのゴミが散らばっているあたり結構釣り客来るのかしら?
このまま満潮になると確実に帰れなくなるので早々に退散。


長崎鼻から中津方面への道にも数多くのスポットがあるけれど、時間的な問題もあり全てを回ること叶わず。
日本一の夕日が見える場所、山深くのストーンサークル(途中ダチョウ)とかもいつか制覇する所存。


ちなみに先日行く予定のはずだった島はコチラ




フェリーに乗った先の姫島。
島には姫島7不思議とかもあるらしく楽しみにしていたのだけど、それは持ち越し。
カレイや車エビが有名らしいのでバッチリこの目に残しにいく予定♪



○滝



所・時変わって2ヶ所滝巡り。
といっても2ヶ所は近くにあるのでそれほど時間もかからず。
↑も以前公開した滝で”柾木の滝”と言われる場所。この撮影場所に行くまでに足場狭しと鎖を頼りに必死こきました。
鎖を離すと川に真っ逆さま、錆付いてガタガタする梯子を昇ったりという難関を乗り越えて何とか滝正面へ。
これ以上近づくにはこの先に見る限り、安全保障する命綱的なものが無かったのでこれ以上は踏み込めずorz





場所変わり”落合の滝”。
ここは少し上流に河川プールがあり、沢山の子供連れが賑わっておりました。まだ暑いものね^^;
ここは一応遊泳可能で、河川プールの場所から行けば滝から飛び込みも可能というスポット。

しかし危険な事には変わりないのでその時飛び込む子供は0。
自分の子共時代の時は上からロープが垂れ下がっており、ターザンみたいに飛び込むことも出来たけどもうロープはないのねw

友達の父親の勇敢な飛び込みを見て以来、自分には恐怖一杯で必要なかったけども・・・。


【友パパの結末】
親父ジャンプしてロープを掴む
    ↓
丁度下に居た子共が浮き輪を上空へ投げており親父にクリーンヒット
    ↓
親父の体重に耐え切れずロープ切れ親父落下
    ↓
水中にあったデカい岩に誤って落下し腰強打
    ↓
伴い自慢のサングラス大破
    ↓
右手に切れたロープを持ったまま浮いてくる親父を
上から見ていた自分とその子共
 



その少し下で自然のウォータースライダーも出来たのだけど今はどうだろ?
でも滝周辺に発生する独特で澄み切った空間は何とも言えず爽快感☆
たっぷりと疲れきった身体にマイナスイオンを浴びてリフレッシュした・・・つもりだったのだけど案外滝を見るまでの過程はキツカッタorz
靴を濡らさない為のルートは容易じゃない!!行ってみたい人はサンダル必須ですぞw



○東京ゲームショウ

遠い地に一人の自分に送られた2枚のSS・・・
それを見てなんとなく思った。これじゃ東京ブロガーショウ(in大分)ではないか!?とorz
想像どうりかしら?の一文に思いっきり完全否定。

ムロさんとか室伏をイメージしてたのにな・・・。
とにさんとか大佐をイメージしてたのにな・・・。
DGさんは何やってんの?的な感想ですたゴメソw


あの・・・ぶっちゃけリアフレと会社の同僚に協力要請すれば7割であのSSを再現できるんじゃねぇかって程みんな知り合いに似てます^^;
ユスコさんとか自分の後ろで働いている人ですまんまww


みんな次新年会っすか?

今年と来年を股ぎ、来る28日〜5日くらいの間に東京出現率高し(ボソッ


以上私的な私的☆



○うみたまご




TGS満喫なブロガ勢とは離れ、場所は違えど同じ時間にマリーンパレス海たまご。
昼少し前に到着したせいか魚の餌付け、ペリカンの餌付け、セイウチショー等がタイミングよく巡回時間と重なるという嬉しいイベント。
この日はイルカのトレーニングショーが予定されていたのだけど、急遽予定変更としてショーに・・・。
イルカは下(館内)と上(館外)、2ヶ所で見る事ができ↑の写真はジャンプする直前のイルカを館内にて☆


醍醐味としてはやはり上のステージで、イルカの水かけサプライズが売り。
しかし下も水中でのイルカの行動が観察できるのでこれもありかもしれない。
横にステージを見れるカメラがあるので視点移動にひっきりなしな客に笑った♪

プログラムはジャンプ、逆立ち、ハイスピンジャンプ、ダンスがメイン。
逆立ちなんて下からみたら全然理解出来ない状況でした。いやもういいから始めろよ?的な^^;




友達4人が夢中なところを激写するあたり寂しい若者か俺・・・?
左の白い男がここで昔に働いていて、かつ魚にも相当詳しいので専門ガイド化。
普通じゃ気付かないような裏話や小ネタ話を交えつつ館内を回るのは凄く楽しかった☆

ちなみに自分を含めて5人は”何故このメンバーでいるのか不思議”だそうなw





まずはカタクチイワシの群泳。
数が多くなればなるほど一種神秘めいた美しさを発揮するのは水辺を住とするものの最大の魅力かもしれない。
人間なんか数集まって地球温暖化だかんなwww




ただのクラゲ・・・に各色発光ライトを当てたシチュエーション。
緑、黄、赤と定期的に色が変わる様にただのクラゲなれど足を止める人は当然多し。
この時写真を撮っていたら後ろからオバさんが熟女パワー全回で人ゴミ押しのけてくる(何

それに巻き添えになった自分はカメラを弾き落とされ蹴られる2連コンボ、2分程マジ説教!!
周囲が静かになるがマナーを知らないオバさんには少々キツく言わんとアカン!
カメラには恐ろしい大きな傷が残りましたorz




赤いサンゴと赤い魚をまとめた水槽。
魚いるの分かるかな?近色でまとめると雰囲気出るのは画像加工でも同じ(ぇ
しかしこれほどまでになると少々分かりづらいorz




うみたまごは2回目。この時に友ガイドに言われて始めて気付いたんだけど、岩穴の中央あたりがアクリル板で仕切られているという隠し情報。
言われても全く気付かないあたり凄いですアクリル☆




高い回遊魚水槽を下から見上げ。さすがに迫力あります。




こちらは共生をテーマにした場所で。
ホンソメワケベラは誰でも分かる共生の代表的な魚。
よくよく考えると魚類の共生関係は互いに利益がないと自然には成り立たない気がする・・・。
そう考えると”好き”という感情を持てる自分ら動物は恵まれているのかもしれないね。

他にも鯉と鯛が共生しているという一見変哲もない水槽もありました。
当然客はほぼ素通りですが、実はこれがどれだけ凄い事なのか言葉もありません。
比重っていうのを根気よく合わせて・・・と一般ブリーダーでは無理なんですよコレ^^;
驚嘆うみたまご☆
でもその説明をプラカードに書いておくだけでも足を止めてくれる人増えるかも。




ここでタイミングよく魚の餌付けショー。
潜って餌を手付けしながら魚やサンゴの説明を丁寧にしてくれました。
どっかの海ではこの映像が当たり前なのだからいいよね♪

グレートバリアリーフまではさすがに行けないか・・・orz
ここにリーフィーシードラゴンとか居たら確実に発狂します自分。




場所は館外。SSでは分かりにくいかもしれないけど、波風立っているのが海で波の全く立ってないのはアジを触れる水槽となっておりまっす。
境界線が分かるかな?

この後ろにはサメやエイにも触れるコーナーあり☆
サメ肌ザラザラでした。




熱帯コーナーにて一匹のナマズが生意気にこっちを見ていたのでしゃーない激撮!!
タイミングよく右からイケメンが図々しく乱入とかいう・・・。
こいつらを”うみたまごのユスコン&トニコン”と命名。
素晴らしきコンビプレイでした白旗上げ^〜^)ノP




名前を言うのは少々照れるがチンアナゴ。
ガラスをコンコン叩くと土の中に潜る姿が愛嬌ある・・・はずなのだがすっかり観賞慣れしているので少々の事では驚きません最悪ですチンアナゴw




セイウチが威嚇し合ってる?
どうも水の中に入れないように威嚇していたのが発展してこうなったみたい・・・。
セイウチもトドも区別が付かん上にする事も意味不明だ・・・。
ちなみにここは臭かったorz




そのセイウチのショーの1コマ。
子共が手を出すとキスをするというもので右には母親、矢印には友達がこっそりと・・・。
あんまり興味がない自分には脂肪の固まりが動き回っているとしか思え(ry

ちなみに手を吸われた子共の手は凄かった。
この後自由に触れる時間があるのだが、触った人の手はカオス。
勇敢にも触れた友達の一言。「足の臭いを凌駕しつつも独特の・・・くっせ!!」

だそうなw




友ガイドがかつて担当していたペリカン。
こいつらが相当捻くれてるらしく、わざわざ掃除したところにフンするんだとか。

調理場には小西真○美にそっくりな小さくて可愛い飼育員がいるんだとか・・・。
水族館に来てそれかい!って思たwww




で3兄弟の飯タイム。
これが凄く笑えたので機会があれば必見!!

立ち木から落ちてもテクテク帰っていく様がテラヤバス〜でした。






ラストはここ。暗かったのでシャッターをたいて。
下は全面ガラス張りになっており水槽を見下ろせる仕様になっておりまw
最初の一歩を踏み出すのがちょっと怖かったガラス遊歩道を最後にうみたまご記事〆!




写真満載なので超長文でしたがここまでお疲れ様です☆
自分はこれから↑の画像を携帯サイズにして友達に送らなきゃいかんという大仕事が残っておりますハィorz

ユスコさんとミチオさんに送ったのは加工したやつなので、どうぞ気まぐれに壁紙にでも使って頂けると幸い♪
また数枚送るかもしれないですが心よく貰ってその後破棄して下されぇorz



いあいあ、9月は凄く楽しかったです☆
来月も予定が結構あるし、これから紅葉の季節にもなってくるので10月末あたりにまたこういう風な記事上げるかもしれませんが何卒大分を仮想満喫して下さいまし☆


| 月末報告 | 17:58 | comments(8) | trackbacks(0) | pookmark |